窓(サッシ)の選び方/サッシの素材で断熱性能が違います!

スポンサーリンク

住宅における窓・玄関など開口部の

断熱の重要性については前回まとめた通りです。

住宅における窓の断熱性は重要なポイントです。

家全体の冷暖房効率の向上や
お掃除が面倒な結露の軽減にもつながります。
スポンサーリンク

アルミサッシ

アルミサッシとは、

アルミニウムを加工したサッシの事で、

従来一般的に使用されていました。


私は築30年の賃貸マンション住まいですが、
窓はこのアルミサッシです。

このアルミサッシ、
雨風に強く、
耐久性も高いので広く使われてきました。

でも、アルミは金属で、熱を伝えやすい素材なので
このアルミの部分からの熱の流出・流入が多いのがデメリットです。


そう、アルミサッシは冬の結露ができやすいのです…

アルミ枠が結露すると
木枠部分やカーテンが結露の影響でカビてしまうことも…

それだけではなく、アルミ部分から熱が逃げてしまうので
「冬は窓まわりが寒い!」ということが起きやすくなります。

そこで開発されたのがアルミ樹脂複合サッシです。

アルミ樹脂複合サッシ

アルミ樹脂複合サッシは、

室外側は雨風に強く、耐久性が高いアルミ製、
室内側は樹脂製となっています。
室内外でアルミと樹脂を合わせて使っている窓の事をいいます。


樹脂はアルミの1000倍熱を通しにくい
(熱伝導率が低い)素材なので、
室内側が樹脂となると、枠部分の結露も少なくなり
断熱性能が高くなるのが特徴です。

サッシメーカーによっては
室内側の樹脂カラーが木目色が選べるので、

床のフローリングやドアなどの建具とカラーを合わせて
部屋全体のコーディネートが可能となります!!


ただ、結露についてはゼロにはなりません。

アルミサッシに比べると、かなり結露は抑えられますが、
室内の湿度が高いと、

樹脂枠やガラスの端部分が結露することがあります。

また、マンションなど気密性が高い住宅は
結露がよりひどくなります。

さて、余談ですが、
私の実家は10年ほどまえに家の建て替えをしました。

そのころ、ちょうどサッシの防火設備について国交省から通達があり、
アルミサッシとアルミ樹脂複合サッシの窓が混ざり合う変な家になりました。

私は住宅系の仕事をしているので「なんだかなー…」と思っていましたが
そのあたりの事情が分からない母が、困った顔をして
「なんか、あっちの窓とこっちの窓で
結露が全然違うんだけどなんでだと思う?」

と素朴な疑問を投げかけられたことがあります。

母曰く、
アルミサッシの窓の結露は毎日拭き掃除をしなくてはいけないが、
アルミ樹脂複合サッシは結露がほとんど出ないらしいのです。
同じ環境で比べてみると性能の違いは明らかでした。

結露はゼロにできないとしても、アルミサッシと比べると
結露が少なくなるのが、このアルミ樹脂複合サッシなんです。


【メーカーごとのシリーズ名】※2019年9月現在

YKK AP APW511・エピソードNEO-R・
エピソード
NEO・
エピソード・エピソード
TypeS
LIXIL シンフォニーウッディ
シンフォニーマイルド・サーモスⅡ‐
H・
サーモス
L・サーモスX
三協立山 ALGEO(アルジオ)

樹脂サッシ

樹脂サッシは最近の新築にも
取り入れられるようになってきましたが

それまでは北海道などの寒冷地向けの商品でした。

寒冷地で対応できるくらい、
断熱性能が非常に高いサッシとなっています。

もちろん、アルミ樹脂複合サッシより結露も抑えられます。

断熱性はアルミ樹脂複合<樹脂サッシ ですが、
樹脂サッシのデメリットは「枠の太さ」「デザイン性」にあります

アルミに比べて樹脂は耐久性・耐候性が劣るため、
どうしても窓の枠(障子)が太くなってしまうんです…。

枠を太くすることで強度を保っているんですね。

洋風な外観の住宅ならサッシが太くても問題ないのですが、
今風のモダン住宅にするならアルミ樹脂複合サッシの方が

障子が細くて見栄えがいいです。

断熱性をとるか、デザインを取るか、難しいところ…


【メーカーごとのシリーズ名】※2019年9月現在

YKK AP APW430・APW330
LIXIL レガリス・エルスターX・エルスターS
三協立山 スマージュ・トリプルスマージュ

木製サッシ

いままでご紹介したどのサッシよりも
断熱性能が高いのが
この木製サッシです。

従来の木製サッシは、防火戸の認定がなかったため
都市部ではあまり使われてきませんでしたが、
最近では防火戸認定が取れた木製サッシもでてきているため

都市部でも使用できるようになりました。


木製サッシのメリットは、
デザイン性です。

本物の木でできているので、やはりアルミや樹脂の枠よりも

存在感があり、こだわりを感じます。


また、使っていくうちに太陽光や環境変化で

木が経年変化をしていくのも趣があって良いですね。

でも、このメリットはデメリットに通じるものがあります。

木製サッシは雨風により腐敗することがあり、

太陽の熱で反りが起きることで開閉に支障がでる可能性もあります。


そのため、定期的なメンテナンスが必要となるサッシです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

サッシの素材でも断熱性能や特性がこれだけ変わります。

サッシ選びの参考にしていただければと思います。

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました