洗面化粧台のミラーはどうする?三面鏡にする3つのメリット

スポンサーリンク

洗面化粧台のミラー、三面鏡と一面鏡どちらにするか迷いますよね。

今回はそんな洗面化粧台のミラーのメリット・デメリットまとめです。

スポンサーリンク

三面鏡とは?

洗面化粧台のミラーで昨今多いのがこの三面鏡です。

ミラーが3つに分かれて付いており、裏面が収納となっています。

洗面のミラーを三面鏡にする3つのメリット

三面鏡のメリット①:洗面まわりの小物が収納できて見た目すっきり

洗面廻って小物が多くてゴチャゴチャしがちな場所ですよね。

歯ブラシ・コップ・化粧水・整髪料・ドライヤーなどなど。

そんな洗面廻りの小物がミラー裏にすっきり収納できるのが三面鏡の良いところ。

ミラーの裏面に収納することで洗面廻りがスッキリ収まります。

らんらん
らんらん

また、三面鏡の中にはコンセントも内蔵されていることがほとんど。電動ハブラシや髭剃りの充電も三面鏡内に仕舞ったままできるのでコードが邪魔にならないのもメリットです

三面鏡のメリット②:小物にホコリが被らない

これ、結構見落としがちなメリットなんですが大切ですよね。

一面鏡やオープン棚などは小物を「置く」場所はありますが、カバーが無いのでホコリが被りがち…

らんらん 
らんらん 

我が家は古い形の一面鏡。ミラーが真ん中にあって左右に棚が付いているのですが、髪の毛やらホコリが結構溜まります…。ズボラな私はマメに掃除するのが面倒で放置しがちです

でも、三面鏡ならミラーがカバーになっている分、棚や小物にホコリが被りにくくなっています。

三面鏡でも掃除0にはならないですが、三面鏡にすることで掃除は楽になりそうですよね。

三面鏡のメリット③:髪型のセットがしやすい

三面鏡の元々の役割の話になってしまいますが、三面鏡はミラーの両側を内側に開けることで髪型のセットができます。

らんらん
らんらん

コーディネーター時代は奥様はもちろん、まだ幼いお嬢様がいらっしゃるご家庭にもおすすめしていました。女の子は成長とともに髪のセットに時間を掛けるようになりますからね

もちろん、男性も髪のセットはしますから、男女ともに必要な機能ですよ

らんらん
らんらん

余談ですが、首?背中?あたりにお薬を塗ったり、シップを貼らなくてはいけないときにも使えるので、髪のセット以外にも意外と重宝します

洗面ミラーを三面鏡にするデメリット?!

三面鏡のデメリット①:奥行のある物は収納できないことがある

洗面鏡は裏面に小物が収納できる物が限られます。

写真のような普通のドライヤーなら問題ありませんが、大型のドライヤーなど奥行きがあると収納ができずに結局洗面付近にドライヤー置きを用意しなくてはいけない場合も!

三面鏡の奥行はメーカーによって違いますので、展示場やショールームでは洗面廻りの小物が収納できるか奥行を確認してみましょう。

(一面鏡の場合でも棚の大きさは限られているので大型ドライヤーは置けない事もありますが…一)

三面鏡のデメリット②:一面鏡に比べると価格が高い

当たり前と言っては当たり前なんですが、一面鏡より三面鏡の方が値段が高いです。

工務店やハウスメーカーによっては一面鏡が標準仕様のところもありますから、三面鏡にするとオプションで金額が加算されることも…!

らんらん
らんらん

でも、個人的には三面鏡がおすすめです。だって掃除が楽だし、収納力も格段にUPします。家族で長年暮らす家ですから使い勝手を考えて決めてみてくださいね

まとめ

三面鏡のメリット・デメリットまとめでした。

コーディネーターとして説明をしていた頃は、ほとんどの方が三面鏡にしていた印象があります。

ただ、最近では上の写真で出したような中央ミラーで両側に収納棚がついているような一面鏡だけではなく、オシャレな一面鏡の人気も出始めています。

スッキリしていて素敵ですよね。でも、一面鏡は収納力が課題です。

やはり洗面廻りの収納力や使い勝手のメリットを考えると三面鏡をおすすめしたい私です。


計画中ランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました