【キッチン】人造大理石・ステンレス・セラミックどれにする?ワークトップ・シンク記事まとめ!

スポンサーリンク

私がキッチンメーカーのコーディネーターをしていた頃、多くの方が迷っていたのがワークトップやシンクの仕様・材質でした。
人造大理石製にするかステンレス製にするか迷いますよね。

奥様
奥様

今まではステンレスを使ってきたけど、人造大理石の使い勝手ってどうなのかな?

そんなエンドユーザーのお悩みを解決すべく、キッチンのワークトップ・シンクの材質や選び方の記事をまとめました。

スポンサーリンク

適切なキッチンの高さは?身長だけではない選び方のコツ!

らんらん
らんらん

キッチン選びで多くの方が悩むのがキッチンの高さです。自分にあったキッチンの高さを選びたいですよね。

基本的には身長で選ぶことが多いですが、身長の目安だけでは選べない場合やキッチンを使う家族で身長がバラバラな場合にどう選ぶのか解説しています。

※広義では人造大理石と人工大理石では大きな違いがありますが、今回はキッチンメーカーで多く使われる人造大理石という表現を使用します

【キッチン】人造大理石製ワークトップのメリット・デメリットは?

現在のシステムキッチンで主流となっている人造大理石ワークトップ。人造大理石は見た目スッキリ、清潔感がありますよね。人造大理石ワークトップのメリット・デメリットをまとめました。

【キッチン】人造大理石のアクリル系・ポリエステル系の違いは?厚さによる違いも紹介

システムキッチンで用いられる人造大理石にはアクリル系とポリエステル系があります。材質別の違いをまとめました。

【キッチン】ステンレスワークトップのメリットとデメリットは?表面仕上げの違いもご紹介

らんらん
らんらん

凛とした雰囲気のスタイリッシュなキッチンにしたいならステンレスワークトップがおすすめです。

メリット・デメリットをまとめました。

また、ステンレスには様々な表面加工仕上げ方法があります。エンボス加工、ヘアライン加工、バイブレーション加工の特徴もご紹介しています。

【キッチン】セラミックワークトップのメリットとデメリットは?

らんらん
らんらん

ここ最近注目されているセラミックワークトップ。熱や傷にも強く、人気がありますよね。

セラミックワークトップの特徴やメリット・デメリットをまとめました。

シンクの材質はステンレス・人造大理石どっちがいい?

ステンレスシンクと人造大理石シンクのメリット・デメリットをまとめました。

らんらん
らんらん

ステンレスは熱に強い!人造大理石はワークトップとの継ぎ目がない!などそれぞれメリットがあります。

【キッチン】シンク・流しの標準サイズは?使いやすい幅はどのくらい?

シンクにはコンパクトサイズからワイドサイズまでありますが、一体標準的なサイズってどのくらいなの?!各メーカーのカタログから平均的なサイズを解説しています。

シンクの深さはどれくらい?実は、シンクは浅い方が作業が楽!

あまり注目されませんが、シンクの深さは普段のキッチンの使い勝手に大きく関わってくる部分です。シンクが深い方がいい!とよく言われますが、昨今のシンクは浅い形状が多いです。その理由とは?

【小さめシンク】シンク幅60㎝は小さい?コンパクトシンクの使い勝手を我が家のシンクで解説

幅60cmのシンクは小さいのか?!我が家のシンクがコンパクトなサイズだったので、実際の使い勝手を写真付きで説明しています。

まとめ

キッチンのワークトップ・シンクについての記事まとめでした。

キッチンは住宅設備の中でも選べるものが一番多いです。仕様選びの参考にしていただけたら幸いです。


計画中ランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

家づくりを楽しもう! 住まいブログ・テーマ
家づくりを楽しもう!

新築一戸建て 住まいブログ・テーマ
新築一戸建て

 

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました