ワークトライアングルとは?シンク・コンロ・冷蔵庫の配置が大切!適切なキッチンの通路幅も考えよう!

スポンサーリンク

実は私、「キッチンスペシャリスト」というマイナーな資格持ちであります。

すごい名称の資格ですよね、名刺を出すとびっくりされます笑。

キッチンのレイアウトはリビング・ダイニングにも大きく関わってくる部分です。

まずはキッチンレイアウトの基本から確認していきましょう。

スポンサーリンク

キッチンのワークトライアングルを考えて配置する

これはキッチンレイアウトの基本となる部分です。

ワークトライアングルとは、シンク・コンロ・冷蔵庫の中心部分からの距離を結んだ三角形のことです。

この線の長さの合計が3600㎜〜6000㎜となることが「理想のキッチンのレイアウト」となります。

 

 壁付けキッチン・対面キッチンなどキッチンのレイアウトは様々ですが、どの場合でもこのワークトライアングルを考えた上でレイアウトをすることが大切です。

キッチンとコンロがレイアウト上で離れて設置されることはあまりないかと思いますが、問題なのは冷蔵庫。

「冷蔵庫をどこにおけばいいか?」はよく聞かれる質問の一つです。

冷蔵庫の設置位置で使い勝手はどう変わる?

冷蔵庫を奥に配置するか、手前に配置するかで迷う方が多いんです。

冷蔵庫は食器棚に比べて奥行があるので、キッチンの通路幅が狭い場合にレイアウトに迷ってしまうんです。

では、例として対面キッチンの場合で見てみましょう。

こちらは冷蔵庫をLD(リビングダイニング)側に設置したイメージです。

シンクから冷蔵庫までの動線が短くなるため、冷蔵庫から取った野菜をシンクで洗ったり、LD側から家族が冷蔵庫にアクセスしやすい動線となります。

個人的にはシンクの近くに冷蔵庫があった方が使い勝手はいいと考えていますので、おすすめのレイアウトです。

ただ、冷蔵庫は奥行きがある為、場合によってはキッチンの通路幅が狭くなることもあります。

「思っていたよりも冷蔵庫の前が狭くなってしまった」というのもよく聞く失敗談の一つです。

上図は冷蔵庫を奥に設置した場合のイメージです。

コンロ前は若干狭くなりますが冷蔵庫を奥に設置することですっきりした印象に。

コンロから冷蔵庫までの距離が近いので、調理中に冷蔵庫まで調味料を取りにいきやすいのもメリットです。

ただ、LD側の家族が飲み物を取りに行く場合はキッチンの奥までいかなくてはなりません。

また、このレイアウトの場合、コンロ前に立っているときに家族が冷蔵庫をあけたらぶつかりそうです。

冷蔵庫の設置位置を考える場合はキッチンの通路幅・シンクとコンロ側どちらに立って作業する事が多いのか、LD側からの使い勝手も考えてみましょう。

キッチンの通路スペースを考える

キッチン後ろの通路スペース

キッチンを配置するにあたり、キッチン後ろの通路スペースの確保は重要なポイントです。

家が建ってみたら「思ったよりキッチンが狭かった!ショック!」という話もよく聞きます。

メーカーのショールームでは比較的広めにキッチンのスペースを取っている場合が多いので、実際に家に設置されると「思っていたのと違う」ということがあるんです。

では、必要な通路スペースについて見ていきます。

キッチンの通路幅は90㎝以上が理想です。

できれば冷蔵庫の前のスペースも90㎝前後欲しいところ!!

もし家族が多い・親戚が集まって料理をすることがある等、

複数人でキッチンを使う場合は、120㎝程度あれば人がすれ違うことができると言われています。

でも、ここがレイアウトの難しいところで、通路幅は広ければいいっていうものでもないんです。

確かに大人数での作業の場合は広い方が楽ですが、普段の使い勝手を考えなければなりません。

 

例えば、調理中に冷蔵庫に調味料を取りに行くときや食器を洗って食器棚に戻すとき、

通路幅が広すぎると動線が長くなって使い勝手が悪くなります。

  

また、通路幅90㎝以上と書きましたが、これはあくまで理想…

いままで通路幅75〜80㎝くらいのお家も数々見てきました。

通路幅80㎝前後の場合、キッチンの引き出しを開けるときは、全開にできないことがあります。

もし引き出しを全開する場合は、その引き出しの脇に立って開ける感じにはなりますが、使えないわけではありません。

自分のキッチンの通路スペースを理解したうえで収納の仕方などを工夫していくといいですね。

 

リビング・ダイニング側への通路スペース

リビング・ダイニング側への通路スペースは80㎝以上がおすすめです。

一般的な廊下がだいたい80㎝前後なので廊下と同じくらいのスペースを取るイメージです。

お盆を持った状態で通れるスペースがだいたい80㎝くらいと言われています。

この部分の通路スペースは広く取れればその分だけ開放的になるので広くなってもデメリットはないと思います。

 

まとめ

キッチンレイアウトの基本:ワークトライアングル・キッチンの通路スペースについて簡単にご紹介しました。

キッチンはどう使うかによって、おすすめのレイアウトが変わってきます。

ここでご紹介したレイアウトや通路幅もあくまで目安です。

家の平面図を見て、自分のキッチンスペースのイメージを確認してみましょう。

家づくりの参考になれば幸いです。


計画中ランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

新築一戸建て 住まいブログ・テーマ
新築一戸建て

家づくりを楽しもう! 住まいブログ・テーマ
家づくりを楽しもう!

WEB内覧会*キッチン 住まいブログ・テーマ
WEB内覧会*キッチン

 

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました