【キッチン】アイランド型・ペニンシュラ型・造作対面型 対面キッチンには種類があるって知ってた?

スポンサーリンク

今回は対面キッチンの形について説明します。対面キッチンと言っても種類がいくつもあるって知っていましたか?

らんらん
らんらん

キッチンのコーディネーターになる前は対面キッチンという言葉しか知りませんでした。対面キッチンと言っても用途や見た目の好みで色々選べるんです!

メーカーにより対面キッチンの種類や呼び方はさまざまですが、大きく分けるとアイランド・ペニンシュラと造作対面キッチンに分けられます。
それぞれの対面キッチンの種類とそれぞれのメリット・デメリットを見ていきましょう。

  1. アイランドキッチン:開放的な憧れのキッチン
    1. アイランドキッチンとは?
    2. アイランドキッチンのメリット
      1. アイランドキッチンのデメリット
      2. キッチン空間を広くとる必要がある
      3. 配管・配線スペースの確保が必要
      4. キッチンの匂いや煙がリビングダイニング側に流れやすい
      5. 金額が高くなりやすい
      6. 調味料・鍋・まな板の置き場所・コンセント位置に困る
  2. ペニンシュラキッチン:開放的で設置がしやすいレイアウト
    1. ペニンシュラキッチンとは?
    2. ペニンシュラキッチンのメリット
      1. アイランドキッチンと比べると設置がしやすいレイアウト
      2. アイランドキッチンに比べると安価
    3. ペニンシュラキッチンのデメリット
      1. 調味料・鍋・まな板の置き場所に困る
      2. キッチンの匂いがリビングダイニング側に流れないように工夫が必要
  3. 造作対面キッチン:手元が隠れて作業がしやすい
    1. 造作対面キッチンとは?
    2. 造作対面キッチンのメリットは?
      1. 手元が隠せるのでキッチンのカウンター上のものがリビングダイニング側から見えづらい
      2. コンセントの設置がしやすい。スパイスラックの設置ができる場合もある!
      3. 造作壁のレイアウトが自由自在
    3. 造作対面キッチンのデメリット
      1. アイランドキッチン・ペニンシュラキッチンに比べると開放感に欠ける
  4. まとめ
スポンサーリンク

アイランドキッチン:開放的な憧れのキッチン

対面キッチンと言えば「アイランドキッチン」ですよね。

開放的で多人数での作業もしやすい憧れのキッチンです。

アイランドキッチンとは?

「アイランド(島)」のように壁から離れた場所に設置されたキッチンのことを指します。

キッチンの両端共に壁が無いことがのが条件となります。

「アイランドキッチンを検討しています!」という方の図面を拝見すると、片側が壁付けだったりすることがありますが、横壁付けのキッチンは厳密に言うとアイランドキッチンではありません。

アイランドキッチンのメリット

アイランドキッチンは動線が自由自在。

キッチン両側が通路スペースになっており、どちらからもキッチンにアクセスできます。  

親戚や友達と一緒にキッチンで調理をするにも最適なキッチンレイアウトです。

見栄えもいいのでゲストに自慢できるキッチンですね。

アイランドキッチンのデメリット

キッチン空間を広くとる必要がある

アイランドキッチンはある程度キッチンスペースを確保できないと設置ができません。

キッチン本体を中心に設置して、両側に通路スペースを確保する必要があります。

その為、アイランドキッチンを設置したくても家のレイアウトの兼ね合いで設置できない場合もあります。

配管・配線スペースの確保が必要

アイランドキッチンでは水道・ガス・電気の配管・配線を床下で確保します。

特にリフォームの場合は配管・配線スペースを確保するのが難しい場合があります。

床もリフォームし、床下にスペースが確保できる場合は問題ないのですが、対応できるかは一度現場調査をして対応可否を確認する必要があります。

キッチンの匂いや煙がリビングダイニング側に流れやすい

アイランドキッチンはキッチンがオープンな設置となる分、匂いや煙がリビングダイニング側に流れていきやすくなります。

コンロ前にガラスを設置するなどして匂いを流れにくくすることは可能ですが、ほかのレイアウトと比べると匂いが気になりやすいレイアウトとなります。

金額が高くなりやすい

アイランドキッチンは他の対面キッチンに比べてキッチン本体や施工費が高くなりやすい傾向があります。

金額に余裕がないと設置ができないレイアウトでもあります。

調味料・鍋・まな板の置き場所・コンセント位置に困る

アイランドキッチンは開放的で憧れる方も多いのですが、フルフラットカウンターを設置する場合、手元がリビングダイニング側から丸見えとなります。

「アイランドキッチンって、調味料はどこに置けばいいだろう…」と悩まれる方も多いです。

らんらん
らんらん

最近のキッチンではコンロ横に小引き出しが付いているので、そこに収納すればいいのですが…入らないサイズの調味料もあります。

出しっぱなしにするとせっかくのアイランドキッチンが台無しです。

鍋やまな板・調味料カウンター上に出しておきたい人には向かないレイアウトかもしれません。

また、コンセントの設置場所についても困る方が多いです。

キッチンでミキサーなどの調理家電を使用したい場合、

キッチン本体にコンセントを設置するか、床にコンセントを設置する必要があります。

 

 

ペニンシュラキッチン:開放的で設置がしやすいレイアウト


ペニンシュラキッチンとは?

ペニンシュラは「半島」を意味します。

片側が壁付けとなったキッチンレイアウトです。

ペニンシュラキッチンのメリット

アイランドキッチンと比べると設置がしやすいレイアウト

前述した通り、アイランドキッチンは設置する為に広いスペースの確保が必要となります。

それに比べ、ペニンシュラキッチンは片側が壁付けとなっているので通路スペースは片側だけ確保すれば設置が可能です。

開放的でありつつ、設置がしやすいレイアウトです。

アイランドキッチンに比べると安価

アイランドキッチンが高すぎるのもあると思うのですが、ペニンシュラキッチンの方が価格は下がります。

空間レイアウトと金額を考慮するとペニンシュラキッチンの方が設置しやすいキッチンと言えます。

ペニンシュラキッチンのデメリット

調味料・鍋・まな板の置き場所に困る

これはアイランドキッチンと同じデメリットですね。

フルフラットカウンターの場合は手元がリビングダイニングから丸見えなので、キッチンカウンターに置くものは考えなくてはいけません。

ペニンシュラキッチンには横壁があるので壁にコンセントを設置して調理家電を使うことが可能ですので、アイランドキッチンに比べるとコンセントの位置で困ることは少なくなります。

キッチンの匂いがリビングダイニング側に流れないように工夫が必要

これもアイランドキッチンと似たデメリットです。

コンロ前を完全オープンにするとリビングダイニング側にキッチンの匂いが流れやすくなります。

匂いを流れにくくするにはコンロ前にガラスを設置するなどして匂い対策をする必要があります。

ただ、このコンロ前ガラス、結構汚れが気になります…

コンロ前の油汚れ・飛び跳ね汚れが付きやすく、こまめなお掃除が必要となります。

 

 

造作対面キッチン:手元が隠れて作業がしやすい

造作対面キッチンとは?

対面キッチンで一番多いのがこのタイプです。

私たちコーディネーターは「造作対面」と呼んでいるのですが、調べてみると「I型対面キッチン」と呼ばれていたりする様です。

キッチン自体は壁付けキッチンを設置して、キッチン前に工務店で壁を造作して設置します。

この写真はコンロ前が天井までの通し壁となっていますが、コンロ前も腰壁にして開放的に設置することもあります。

造作対面キッチンのメリットは?

手元が隠せるのでキッチンのカウンター上のものがリビングダイニング側から見えづらい

造作対面キッチンはキッチン前の立ち上がりをキッチン本体より高めに設置する事が多いです。

そのため、キッチンの手元がリビングダイニング側から見えづらく、よく使う調味料をカウンター上に出しておいても見えない!

洗った後の鍋・まな板などをカウンター上に置いて乾燥させたい!という方にもおすすめ。

らんらん
らんらん

使ったものの出しっぱなしが許される(かもしれない)レイアウトです。

         

※腰壁の高さは工務店がつくるので、キッチンを開放的にしたいならキッチンのカウンター高さギリギリに、手元を隠したいなら腰壁を高めに設置するなど、融通がききます。

コンセントの設置がしやすい。スパイスラックの設置ができる場合もある!

造作対面キッチンは前壁があるのでコンセントを設置しやすい対面キッチンです。

比較的好きな位置にコンセントを置きやすいので調理家電を良く使うなら使いやすい対面キッチンと言えます。

また、造作壁の壁厚がある程度確保できれば、造作でスパイスラック(調味料入れ)を壁の立ち上がり部分に埋め込むこともできます。

造作壁のレイアウトが自由自在

造作壁をリビングダイニング側から見た場合がこの写真右側です。

この写真の様に内装の壁紙を統一して主張しない壁にすることも可能ですが…

     

         

キッチンの前に工務店で出幅のあるカウンターを設置して、作った料理を仮置きしたり、

ダイニング側に軽食が取れるカウンターを設置することが可能です。

また、造作壁部分に好きなタイルを貼って自分好みのインテリアテイストにしたり、使い勝手は自由自在!!

造作対面キッチンのデメリット

アイランドキッチン・ペニンシュラキッチンに比べると開放感に欠ける

アイランドキッチン・ペニンシュラキッチンはフルフラットなカウンターなので開放感がありますが、造作対面キッチンは手元が隠せる分、開放感に欠ける場合があります。

コンロ前も腰壁にしてオープンにすることで開放感は高まりますが、コンロ前をオープンにするとキッチンの匂いがリビングダイニングに流れやすくなります。

まとめ

対面キッチンの種類をおおまかにまとめてみました。

アイランド型・ペニンシュラ型・造作対面型、お好みのキッチンが見つかれば幸いです。

かなり大まかにまとめたので、他にも対面キッチンあるでしょ…と思われた方もいるのではないかと思います。

    


計画中ランキング

にほんブログ村 住まいブログへ


にほんブログ村

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました