窓の種類によって風通しが全然違う!!おススメ設置位置も紹介

スポンサーリンク

こんにちは。

引き続き、窓・サッシの説明です。

窓の種類はたくさんありますが、

種類によって、おすすめの設置位置や
風の入り方が全然違うんです!!

窓の種類別に説明していきます。

スポンサーリンク

引き違い窓

窓!!といったらこれです。
これを引き違い窓といいます。

両側から開閉ができ、
片側だけ開けたり、
両側を少しずつ開けたりと
用途に合わせて開閉しやすいのが特徴の引き違い窓。

【おすすめ設置位置】

・バルコニーやテラス(出入りはほぼこの窓ではないでしょうか。)

・和室
・ガラスや外格子で目隠しができるのでお風呂にもおすすめ

引き違い窓は横に引く窓なので、

外に格子やルーバーを設置ができ、防犯性や目隠し性能を高めることができます。

最も使われている窓といっても過言ではない窓です。

デメリットは? …デザイン性です。

使い勝手のいい窓ではありますが、
引き違い窓だらけにしてしまうと、

どうしても昔の家っぽいというか、ありきたりな家になりがちです。
部分的に使う分には使い勝手のいい窓なので、
多用するのは注意しましょう。

上げ下げ窓

上げ下げ窓にはシングルハングとダブルハングがあります。
シングルハング:障子(窓の枠)の下部分が上下に開閉し、上部分は固定で動かない
ダブルハング:障子(窓の枠)の上下ともに可動するタイプ。

ダブルハングの上げ下げ窓は上下ともに開けることで重力換気が可能で、
この窓1つで部屋に風を通すことが可能です。

(ただ、現状ダブルハングの窓は少なくなっており、

シングルハング(片上げ下げ)のみ取り扱うメーカーも増えてきています。)

引き違い窓とどうように上下に引く動作となっているため、
室外側に面格子やルーバーをつけて防犯性能を高めたり、目隠しが可能な窓となります。

【おすすめ設置位置】



・1階部分(面格子が設置可能で防犯性〇)

・見た目が可愛いので、いくつか並べて設置してもイイ!

見た目が洋風住宅にマッチするので、格子をはめて使ったり、

デザインを気に入って使う人も多いのがこの窓です。


↑海外の窓は格子付きの窓が多いですよね。
上げ下げ窓で格子入りにすると一気にエレガントな雰囲気に…!

外観を洋風住宅でイメージしているなら上げ下げ窓は活用していきたい窓です。

デメリットは?


現状、シングルハング(片上げ下げ)が多いとお話ししましたが、
シングルハングは窓の大きさの半分しか風を取り込むスペースがないので、引き違い窓や縦すべり窓に比べると風通りは悪くなります。


また、窓の掃除がしにくいところも気になるポイントです…

各メーカーごとに室内側からサッシを吹けるように作ってはいるようですが、それでも掃除はしづらい!!

風通りと掃除のしにくさが気になるポイントです。

縦すべり窓

最近、非常に多いのがこの窓です。

外側に大きく開くため、
窓全体で風を取り込むことができます。

【おすすめ設置位置】

・リビング・ダイニング・キッチン(LDK)
・玄関廻り

縦すべり窓は風通しがとにかくイイ!!ので、LDKにおすすめです。
また、あまり大きな窓は作れないけど風通しを良くしたい玄関廻りにもよく使われます。

お掃除も楽ちんで、室内側から手を入れてお掃除が可能です。

デメリットは?

外に開くまどの為、防犯のための面格子や目隠しが付けられません。
防犯が気になる場合は人が入れないくらいの縦長で幅狭のサイズを選びましょう。

実は、縦すべり窓は風通しがいいのでお風呂にもよく使われますが、入浴中は窓を開けられません。
 (人通りが少なくて少し開けても大丈夫とか、外にフェンスがある場合は別ですが…)


 目隠しが必要な浴室・洗面脱衣室への使用は注意が必要です。

縦すべり窓は、見た目もスタイリッシュで格好がいいですし、
積極的に取り入れたい窓ですね。

横すべり窓

窓の横枠を軸に開閉する窓で、これも最近よく使われています。
下部分が開く仕様となっているため、ある程度視線も遮ることができるのが特徴の窓です。

また、突然の雨の場合も家の中に雨が入りづらいのも特徴です。

【おすすめ設置位置】
・リビングのテレビ台上部に高所用チェーン付きで設置
・キッチンの食器棚上部
・寝室
・洗面脱衣室(※注)

デメリットは?

縦すべり窓同様、室外側に目隠しや面格子を設置できない事です。
おすすめ設置位置で洗面脱衣室をあげましたが、これは洗面台上部につける場合におすすめです

また、縦すべり窓に比べるとお掃除はしにくいです。
掃除の際に室内側から拭き掃除はできますが、縦すべり窓の方がお掃除は楽ですね

FIX窓

別名:はめ殺し窓 とも言います(すごい名前…)
この窓は採光の為についているので開閉はしません。

光を取り入れたい場所につける窓です。 【おすすめ設置位置】

・玄関廻り
・階段・ホール

デメリットは?

開閉できない事以外は特にデメリットはありません。
あえて言うなら窓掃除が外からできない事でしょうか。

さて、ここからは【番外編】です。
最近あまり使われなくなってきた窓たちをご紹介

ガラスルーバー窓

80bdbe6ef5d195d60f296a39cf2226d6_s

風通しはすごくいい窓で、従来よく使われてきましたが、
最近は気密住宅も増え、使われることが少なくなってきました。
気密性が低いということは隙間が大きいということです。

私の実家が10年前に新築したのですが、これがお風呂と廊下に入っています。

冬はものすごく寒い…そして夏は暑い。
あぁ、私が新築着工前に気づいていれば…と
未だに思っているのがこの窓。

内倒し窓

内側に倒して使う窓は洗面やお風呂なんかによく使われてきました。
上部につける場合はフック棒で操作します。
未だに時々見かけます。

外倒し窓

外側に倒れる窓です。横すべり窓とは違い、障子の下部分を軸に外に倒れます。
あまり戸建て住宅に使われることはなく、学校やオフィスの火災時の煙を外に出す設備としてよく使われています。

いかがでしたでしょうか。
窓だけでもこんなに種類があるなんて…

選び方の参考にしていただければ幸いです。

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました