玄関の選び方/開閉方法と開き勝手(ドアの開き方)

スポンサーリンク

今回は玄関ドアの開き方についてです。

玄関ドアは、片開き、親子、両開き、片袖、両袖ドアなど
開閉方法だけでも種類が豊富にあります。

最近主流なのは、

スポンサーリンク

片開きドア

シンプルな形状で、人の出入りだけを考えれば十分な開口が取れます。

親子ドア 主に開閉をする親扉とは別に、家具の搬入などの際に大きく開く子扉もついています。 片開きドアでも冷蔵庫くらいの大きさのものなら搬入可能ですが、 親子ドアの子扉を開ければ、大きなソファの搬入なども可能になります。

両開きドア 片開きドアが二つ付いているような形状です。 主に開閉するのはどちらかの扉ですが、両側を開けて広く開口を取ることもできます。

片袖ドア 出典:http://reform-entrance.com/reformdoor_katasode/katasode_all.html

片袖ドアは開閉できる親扉とは別に、開閉ができないガラス部分がついてきます。
袖部分のガラスが大きい分、光がより玄関廻りに入りやすいデザインです。

両袖ドア 出典:https://store.shopping.yahoo.co.jp/hokusei/d3bbc5cdcd41.html 開閉できるドア部分の両側にガラスが入っています。 片袖とガラスの幅は変わらないですが、 両側にガラスが入ることでバランスがとれ、デザインがいいですね。 光が入りやすいドアです。

開閉方法は主にこの5つですが、
お客さんから玄関の開き方(吊元)について質問されることがあります。
右開きにするか、左開きにするか迷われる方も多いようです。

「うちってこの開き勝手でいいでしょうか?」
「右開きと左開きだとどっちが多いですか?」

でも、こればっかりは、
家のつくりによるので、どっちが多いっていうのはないんです。

例えば…
289102b37d44c60a7a43572aa21c4d9d_s
この玄関ドアは左側が吊元の「左開き」

前に手すりがあるため、右勝手にすると玄関を開けたときに
回り込むようにして家に入る形になります。

また冷蔵庫の搬入など、大きな荷物を持ってはいるときにも
逆の開き方にするとかなりやりずらいですね。

また、玄関前になにも無い住宅の場合には、家に入るときの動線を意識します。
駐車スペースがある場合には、駐車スペースがある側に開くようにしますし、
無理のない開け方になるように設計していきます。

「右利きの場合はどちらがいいですか?」と質問をいただく場合もありますが、
利き手は正直言って関係ないです
ドアを開けるくらいなら利き手でなくてもできますからね

いかがでしたでしょうか。
皆様の玄関選びの参考になれば幸いです。



コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました