ステンレス・人造大理石ワークトップの次はセラミックワークトップです。





最近CMでもよく見かけるセラミックワークトップですが、ここ数年でキッチンメーカーが次々と発売するようになり、注目を集めていますね。





システムキッチンのメーカーでいち早くセラミックワークトップを発売したのはLIXILですが、ナスラックやクリナップでもセラミックワークトップを扱っています。





非常に使い勝手のいい素材ですが、そもそもセラミックトップとは何なのか?





メリット・デメリットも含めてご紹介していきます。









以前の記事はコチラから↓↓













そもそも、セラミックとは何か?





Wikipediaによるとセラミックとはこんな素材です。






セラミックスまたはセラミック(英語: ceramic)とは、狭義には陶磁器を指すが、広義では窯業製品の総称として用いられ、無機物を加熱処理し焼き固めた焼結体を指す


https://ja.wikipedia.org/wiki/セラミックス






つまり、セラミックは焼き物なんですね。





陶磁器は1000℃以上の焼成温度で焼き上げ、表面が非常に硬く作られています。





セラミックワークトップのメリット





重厚感のある見た目と多彩なカラーバリエーション





出典:株式会社LIXIL リシェルSI セラミックワークトップ 




写真はLIXILのホームページよりお借りしました。





こちらはグレーのセラミックトップです。





表面がマットで凹凸があり、ステンレスや人造大理石と違った重厚感を醸しています。





写真はグレー色ですが、この他にもホワイトやベージュの用意があるので、自分の好みのカラーでコーディネートが可能です。





熱に強い!!熱い鍋を直接置いてもOK!!





セラミックトップは焼き物の為、熱には非常に強いのが特長です。





だって、1000℃を超える熱で焼き上げた素材です。鍋の熱ごときで変色・変形はしずらいです。





アツアツのお鍋を置いてもOK!!熱を気にせず使えるのでキッチン向きの素材と言えます。





傷に強い





セラミックは表面が非常に硬い素材。傷にも強いのが特長です。





LIXILやのホームページでは「ちょっとしたものなら、まな板を使わずに包丁を使ってもOK」と書いてあります。





包丁を使ってもOKなんてすごいですよね!!





でも、本当に包丁で傷が付かないの?!という方、こんな経験ありませんか?







らんらん

らんらん



セラミックというとイメージしにくいですが、お皿をイメージすると分かりやすいです。







(厳密に言うと磁器とか陶器で性質は変わりますが、)お皿だって焼き物。





ズボラな私はお皿に乗せたピザを包丁でそのままカットしちゃうこともあるのですが、お皿は傷付きません。





焼き物って傷に強いんです。









また、金属による引っ掻き傷にも強いので、お鍋を引きずっても傷が付きにくいのもメリットです。





調理中も気兼ねなく、お鍋をバンバン乗せらますよ!





汚れがしみにくい、変色が少ない





染み込みが0というわけではないと思いますが、セラミックは汚れがほぼ染み込みません。





これまた、お皿をイメージしてみてください。





色の濃い料理を盛りつけた後でも、お皿を洗えば表面に着色が残ることはほぼないですよね?





セラミックはお皿と同じような材質ですから、汚れの染み込みを気にせず使えます。









セラミックワークトップのデメリット





価格が高額になる





セラミックトップは材質が良い分、金額も高くなります。





LIXILのホームページで確認したところ、リシェルSIの壁付け2550㎜のステンレスワークトップをセラミックに変更するメーカーの定価で195,000円アップ!!





クリナップのセントロの壁付け2550㎜のステンレスワークトップをセラミックワークトップに変更すると定価で142,000円アップ!!





うう、、予算が…!!他のどこかを削らなくてはいけなくなりそうです。





(※金額は2019年11月現在、モデルチェンジなどで価格は変わることがあります)





表面は非常に硬いが、扱いには注意が必要





セラミックトップは表面が硬く、重いお鍋などを落としても割れにくいのが前提としてあります。





…が、あえて弱点を言うのであれば、鋭いものを落としたり、端部(はしっこ)に衝撃が加わると割れや欠けが起こる可能性があるとの事。





LIXILのホームページにもしっかり記載がありました。





包丁を高いところから落としたり、お鍋をワークトップの端っこに落としたりすると欠ける可能性もありますので扱いにはある程度の注意が必要です。





ワークトップとシンクの間に継ぎ目ができる





ワークトップはセラミックが選べますが、シンクはステンレスもしくは人造大理石製となり、ワークトップとシンクの材質が異なる為に継ぎ目ができます。





これはワークトップ人造大理石+ステンレスシンクの場合でも同じなんですが、結構この継ぎ目の部分の掃除が面倒だったりします。





継ぎ目が気になる方は実際にショールームで継ぎ目の納まりを確認することをおすすめします。





基本的にはまな板は使用しなくてはいけない


セラミックトップは包丁を使っても傷が付きづらい!と説明しましたが、基本的にはまな板は使用してください(当たり前?)


実はセラミックをまな板代わりにしてしまうと、包丁の欠けが発生する場合があるそうです。
(包丁の方が負けちゃうんですね)


セラミックトップで包丁を使う際はちょっと野菜を切る、程度にしたほうが良さそうです。





まとめ





もし私がシステムキッチンを入れるなら、ワークトップは人造大理石かセラミックにします。





ステンレスも素敵なんですが、白くて清潔感のあるワークトップに憧れているので。





 





セラミックワークトップはデメリットもありますが、キッチンのワークトップとしては非常に優れた材質です。





デメリットや取扱いを知った上で検討してみてくださいね。






https://showroomindex.com/kitchen-reform-pr/






[temp id=26]


[temp id=27]