最近人気のタンクレストイレ。





特に新築では「価格アップになっても入れたい!」という方も多いのではないでしょうか。





タンクレストイレにするメリット・デメリットをまとめます。





タンクレスのメリット①見た目がいい









タンクレストイレの一番のメリットは見た目です。





タンクレストイレはタンクが無い分、見た目がすっきりしてスタイリッシュ。





また、トイレの貯水タンクが無い為、トイレ裏面を大きく使うことができます。





トイレの裏面をアクセントクロス張りやタイル張りに変更して自分らしい空間に仕上げることも可能です。









トイレは狭い空間ですが、ゲスト(お客さん)が使うこともありますよね。





キッチンやお風呂ってゲストがマジマジと見ることはないですが、トイレはゲストから見られるポイントです。





トイレ空間にこだわりを感じる家は「細部までこだわって家づくりしたんだなぁ」と感じます。




タンクレスのメリット②:奥行がコンパクトな機種が多い





一般的なタンク付きトイレの場合、奥行きは77㎝程度。





タンクレストイレの奥行は65㎝〜70㎝程度がほとんどです。
(最近は大きめのタンクレスも出てきているので一概には言えませんが…)









トイレ空間はほとんどが0.5帖(1帖)サイズ。





トイレの奥行で、上図の赤矢印の部分の広さが変わってきます。





空間が限られている為、数㎝トイレの奥行がコンパクトなだけでもメリットが大きいです。





では具体的にトイレの奥行が広まるとどのような使い方ができるのでしょうか。





トイレトレーニングにも!ゆったりしたトイレ空間に





あくまでも個人的意見です。





私がコーディネーターをやっていた頃、タンクレスを積極的におすすめしていたのが、子育て世代の方でした。





お子様のトイレトレーニングの際にも、奥行きコンパクトなタンクレストイレならお母さんが一緒に入って補助しやすいですよ。