今回はキッチンの調理台(作業台)スペースについてお話します。





キッチンを使う上で調理台スペースの広さは使い勝手に大きく関わる部分だと思います。





適切な作業台スペースの確保について考えていきましょう。













調理台(作業台)スペースは60㎝〜90㎝が適切で使いやすい









キッチンの作業台スペースは60㎝〜90㎝が適切だと言われています。





まな板のサイズが大体30cm〜40cmが一般的なので、まな板を置いても十分作業ができるスペースがこのサイズ。





調理台スペースは最低でも幅60cmくらいは必要です。





キッチンの標準的な幅255cm(2550㎜)の調理台スペースはどのくらい?





キッチンの長さは255㎝(2550㎜)が一番多く使われています。





特に大きなシンク・コンロを入れずに標準的なレイアウトで設置した場合の調理台スペースは大体80㎝前後。※メーカーの仕様によっても異なりますので必ずチェックください※





255㎝のキッチンであれば十分、調理台スペースは、しっかり確保できそうです。





余談:キャビネットレイアウトを移動することで調理台スペースを分割できる





一般的には、上の図で示したキッチンのレイアウトが多いのですが、





シンク横・コンロ横にスペースが欲しい…という方もいます。









シンクやコンロの位置は下のキャビネット(引き出し)を分割して移動することで変更可能です。





この図のようにシンク端部のスペースを増やして調理台スペースを分割できます。





シンク横に30cm分くらいのスペースを持ってくれば、大きめの水切りカゴなどを置けますね。





また、コンロ位置も移動可能なので、コンロ位置を動かして調味料棚を置いたりすることもできます。





調理台スペースを分割すると、メインの調理台スペースが狭くなってしまうことも…対策は?





調理台スペースを分割して設置する場合、メインとして使う調理台スペースが60㎝以下となることがあります。





調理台スペースが狭いと、まな板を置いただけでスペースが埋まってしまいます。





でも調理台スペースが十分取れない場合は、各メーカーが出しているシンクオプションをうまく使えばスペースが狭くてもストレスなく作業ができますよ。









このシンクプレート、これがシンクオプションです。





どのメーカーも水切りカゴ・シンクプレートはオプションで用意があると思います。





この写真のようなシンクプレートは食器の水切りとして使えるほか、作業台の補助として使用できます。





まな板を置くのもよし、まな板で切った野菜をザルに入れて仮置きスペースにするのもよし。





作業台スペースが十分に確保できない場合はオプションを活用してみるといいですね。





まとめ





適切な調理台スペースについて書いてみましたが、偉そうに書いている私は現在、調理台スペースが狭すぎて日々ストレスを溜めています…





賃貸の我が家のキッチンの作業台スペースは45㎝!!





しかも奥行60㎝(最近は65㎝が一般的)!!





まな板を置いたら他に何も置けません。





やっぱり広いキッチンっていいな…毎日お客さんにキッチンを説明しながらそう思っています。









長く使うキッチン、後悔がないように選んでいきたいですね!





    






https://showroomindex.com/kitchen-reform-pr/






[temp id=26]


[temp id=27]


[temp id=31]


[temp id=29]