おウチを新しくするにあたり、
キッチンのレイアウトって悩みどころですよね。

対面キッチンにするか壁付けキッチンにするか…
アイランドキッチンにするかペニンシュラ(片側を壁につける)キッチンにするか…

キッチンのレイアウト次第では、リビング・ダイニングの配置も
大きく変わってくることと思います。

そんな、悩みどころのキッチンレイアウト、
実は使いやすいレイアウトの基本があるんです。

今回はそんなレイアウトの基本のお話です。





キッチンのワークトライアングル




これはキッチンレイアウトの基本となる部分です。


ワークトライアングルとは、シンク・コンロ・冷蔵庫の中心部分からの距離を結んだ三角形のこと
ワークトライアングル


この線の長さの合計が3600㎜〜6000㎜となることが
「理想のキッチンのレイアウト」となります。



壁付けキッチン・対面キッチンなどキッチンのレイアウトは様々ですが、
どの場合でもこのワークトライアングルを考えた上でレイアウトをすることが大切です。



キッチンとコンロがレイアウト上で離れて設置されることはあまりないかと思いますが、問題なのは冷蔵庫。

「冷蔵庫をどこにおけばいいか?」はよく聞かれる質問の一つです。





冷蔵庫の設置位置で使い勝手はどう変わる?




冷蔵庫を奥に配置するか、手前に配置するか、迷いませんか?

冷蔵庫は食器棚に比べて奥行があるので、キッチンの通路幅が狭い場合にレイアウトに迷ってしまうんです。


では、例として対面キッチンの場合で見てみましょう。





こちらは冷蔵庫をLD(リビングダイニング)側に設置したイメージです。
対面キッチン手前側冷蔵庫



シンクから冷蔵庫までの動線が短くなるため、冷蔵庫から取った野菜をシンクで洗ったり、LD(リビングダイニング)側から家族が冷蔵庫にアクセスしやすい動線となります。


個人的にはシンクの近くに冷蔵庫があった方が使い勝手はいいと考えていますので、おすすめのレイアウトです。
ただ、冷蔵庫は奥行きがある為、場合によってはキッチンの通路幅が狭くなることもあります


「思っていたよりも冷蔵庫の前が狭くなってしまった」というのもよく聞く失敗談の一つです。



では、冷蔵庫を奥に設置するとどうでしょうか。
対面キッチン奥に冷蔵庫

上図は冷蔵庫を奥に設置した場合のイメージです。


コンロ前は若干狭くなりますが冷蔵庫を奥に設置することですっきりした印象に。
コンロから冷蔵庫までの距離が近いので、調理中に冷蔵庫まで調味料を取りにいきやすいのもメリットです。

ただ、リビングにいる家族が飲み物を取りに行く場合はキッチンの奥までいかなくてはなりません。
キッチンでの調理中にキッチン横切られるのちょっと嫌だと感じてしまう私には向いてないかも…

また、このレイアウトの場合、コンロ前に立っているときに家族が冷蔵庫をあけたらキッチンで調理している人に扉がぶつかりそうです。
冷蔵庫の設置位置を考える場合はキッチンの通路幅・シンクとコンロ側どちらに立って作業する事が多いのか、リビングダイニング側からの使い勝手も考えてみましょう。

まとめ



キッチンのワークトライアングルについて、
なんとなーく分かっていただけたでしょうか。


今回は対面キッチンで冷蔵庫を配置するイメージの説明をしましたが、
ワークトライアングルはI型でもL型でもアイランドでも
どんなキッチンでも言えることです。

使いやすいキッチンのレイアウトの基本ですので
参考にしていただければ幸いです。




【過去記事】





にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村