今回はちょっとマニアックなステンレスの種類について書きます。





実はキッチンに使われるステンレスには種類があるって知っていましたか?





種類によって性質の違いをまとめます。





  










https://showroomindex.com/kitchen-reform-pr/






 そもそも、ステンレスって何?





キッチンのシンクやワークトップに使われるステンレスですが、どんな金属かというと…






ステンレス鋼(ステンレスこう、英: stainless steel)とは、クロム、またはクロムとニッケルを含む、錆びにくい合金鋼である。ISO規格では、炭素含有量 1.2 %(質量パーセント濃度)以下、クロム含有量 10.5 % 以上の鋼と定義される。


https://ja.wikipedia.org/wiki/ステンレス鋼






鉄にクロムやニッケルを一定量含ませることでサビにくくしているのがステンレスというわけです。





ステンレスはクロム・ニッケルの含有量が多い方が錆びにくくなります。





系統やクロム・ニッケルの含有量によってステンレスの種類は細かく分かれていますが、一般家庭のキッチンで使用されるステンレスは主にSUS304、SUS430がほとんど。





 





ステンレスは調べれば調べるほど泥沼にハマりそうなので、今回はキッチンによく使用されるこの2種のステンレスに絞ってまとめます。










SUS430はキッチンでよく使われるステンレス鋼種





さすよんさんまる、と読みます。





フェライト系のステンレスでクロムを16-18%含む鋼材です。





耐食性(サビにくさ)があり安価なのが特徴で、一般的家庭のステンレスキッチンはSUS430が多いです。










ステンレスの種類なんて気にしたことなかった…、うちのステンレスキッチンの種類ってなんだろう…







 






見分け方は簡単です!!





磁石がペタっとついたら恐らくSUS430!!





 





我が家の賃貸のキッチンも磁石がバッチリついたのでSUS430でした。





きっと賃貸についている安いセクショナルキッチンは、ほとんどこれなんじゃなかろうか。





サビにくさはSUS304に比べれば劣るものの、一番一般的なキッチンステンレスカウンターの材質です。





日常生活を送る上では問題ない、サビにくいステンレスといえます。










SUS304(18-8ステンレス)は更にサビにくいけど高価!!





さすさんまるよん、と読みます。





SUS304は磁石が付きません(曲げてある加工面だと付くことがあるので平面でお試しを!)





オーステナイト系のステンレスでニッケルを18-20%、ニッケルを8-10.5%含んでいます。





ニッケルを多く含むことにより、非常にサビにくいのが特長です。





 





SUS304は業務用キッチンや食品工場などに用いられるほど、耐食性・耐熱性も高い材質。





また、強度もSUS430より高く、キッチンで使う素材としては大変優れています。





 





ただ、いい材料なだけあって金額が高い!!





システムキッチンでも中高級品に使われていることが多いのはそのためです。





また、ステンレスの色も銀白色で高級感があるので、見た目重視の方にもおすすめです。










SUS304を使っているキッチンメーカーは?





2019年11月現在、





パナソニック・LIXILはSUS304を使用しているようです。





(確認できたのはこの2社だけでした)





 





クリナップは、以前あったSSシリーズはSUS304を使っていたみたいですが、いまは新素材のステンレスNSSCFS W1というステンレスを使っています。(ステディアのみ?)





SUS430より錆びにくく、SUS304より安価な材質の様です。





メーカーやキッチンシリーズによって使用しているステンレス種類は異なるのでショールームで聞いてみましょう。





まとめ:ステンレスは貰いサビと酸には気を付けよう





ステンレスはサビにくい金属ではありますが、サビが全く付かないわけではありません。





ステンレスは酸に弱いので塩素系の漂白剤の洗い残しがあるとサビの原因になります。





また、一番怖いのが「貰いサビ」。





サビた金属をステンレスの上に置いておくとサビが移ることがあります。





ステンレスワークトップやシンクの上に金属を長時間置くことは避けた方が良さそうです。














ステンレスの種類についてまとめてみましたが、





SUS430もSUS304も日常生活を送る上でのサビにくさは十分あります!!





 





ただ、いいキッチンはいいステンレスが選べるよ!ということをお伝えしたかったのです。





今後のキッチン選びの参考にしていただければ幸いです。









ステンレスの関する記事はこちらからもどうぞ↓↓














https://showroomindex.com/kitchen-reform-pr/














[temp id=26]


[temp id=27]


[temp id=30]


[temp id=31]


[temp id=29]