今回はちょっと変則型のU字型(コの字型)キッチンの使い勝手をワークトライアングルから考えてみます。キッチンの使い勝手を考えるにはシンク・コンロ・冷蔵庫の配置が重要です。 









Ⅱ列型キッチン・Ⅱ型キッチンは多人数で使いやすい!





Ⅱ列型・Ⅱ型キッチンは、その名の通りカウンターが2列に並んだキッチンの事を指します。
シンク側とコンロ側がバラバラに分かれているキッチンです。
シンクだけが対面側に向いており、コンロや冷蔵庫は背面の壁付けキッチンとなるレイアウトです。









図はⅡ列型キッチンのワークトライアングルを示したもの。
冷蔵庫の位置などレイアウトによってワークトライアングルは変わりますのであくまで仮定です。





Ⅱ列型キッチンのメリット:多人数での調理・片付けがしやすい





Ⅱ列型キッチンはシンク・コンロが別々になっているため、作業スペースも分離しており、多人数での調理・片付けがしやすいキッチンです。





シンクで洗い物をしているときに、違う人がコンロ前で調理、配膳したりと役割を分担しながらキッチンを使うことができます。親戚が集まって料理をしたり、パーティーをするのが好きな家庭に向いたレイアウトです。





Ⅱ列型キッチンのメリット:間口が狭くても設置できる対面キッチン









一般的な対面キッチンは間口2m55㎝、通路スペースを80㎝確保することを考えると、キッチン空間の間口は3m35㎝前後必要となります。
それに比べ、Ⅱ列型キッチンはシンク側間口を1m80㎝前後とすれば通路スペースを含めても2m60㎝程度の間口があれば設置ができます。

その代わりにキッチンの背面にコンロ・冷蔵庫を設置し、食器棚のレイアウトも考慮しなくてはいけませんが、縦長のLDK空間の場合に配置しやすいのが、このⅡ列型キッチンです。





Ⅱ列型キッチンのデメリット:設置にスペースが必要、食器棚どこに置く?





Ⅱ列型キッチンを設置するにはシンク側キッチンの奥行き+シンク側キッチン後ろの通路スペース+コンロ側キッチンの奥行のスペース確保が必要となります(緑の矢印の部分)。









シンク・コンロ・冷蔵庫の配置は様々ですが、場合によっては図のようにワークトライアングルが大きくなり、使い勝手が悪くなることも。






また、最大の難関がカップボード(食器棚)をどこに置くか…






いままでⅡ列型キッチンを希望される方は多くいらっしゃいましたが、食器棚を置くスペースがなくて設置を断念されたケースも少なくありません。
コンロ側キッチンの隣にうまく配置するか、キッチンのキャビネット収納や吊戸棚をうまく利用して食器を収納する等、食器の収納の仕方は考えなくてはいけません。





Ⅱ列型キッチンのデメリット:シンク→コンロの移動で床が汚れることがある





Ⅱ列型キッチンはシンクとコンロが別々の場所にあるため、例えばシンクで洗った野菜をコンロ側に運ぶ際、水が垂れるなどして床が汚れてしまうことがあります。
憧れのキッチンレイアウトではありますが、使い勝手を考えて設置する必要があります。





まとめ





Ⅱ列型キッチンのメリット・デメリットをまとめました。





I型・L型キッチンと比べると出番は少ないものの、対面キッチンにしたいけど幅が足りない!というお家にはよく採用しているレイアウトです。





食器棚をどこに置くのかはネックではあるので、そこの問題だけは念頭に置いてレイアウトを検討してみてください。





家づくりの参考にしていただければ幸いです。





番外編:キッチンのリフォームを考えるならリフォーム会社を比較して!





キッチンのリフォームをお考えの方へ





キッチンをリフォームするって、一生に何度あるでしょうか。
せっかくキッチンを新しくするなら自分の希望にあった素敵なキッチンを入れたいですよね。リフォーム会社は、たくさんある中から決めなくてはいけません。リフォーム会社の比較は重要です。素敵な住まいづくりのために、リフォーム会社選びは慎重に。
詳細は記事をご覧ください。






https://showroomindex.com/kitchen-reform-pr/