こんにちは。





今回はI型キッチンの使い勝手ついて説明していきます。









キッチンの形状にはI型・L型・Ⅱ列型・U字型(コの字型)など様々あります。





今回はキッチンのレイアウトで多い、I型・L型の使い勝手をまとめます。





 





以前、キッチンのワークトライアングルについてご紹介しました↓↓





過去記事:

















キッチンのレイアウトではシンク・コンロ・冷蔵庫の3点を結ぶ三角形「ワークトライアングル」を考えて設置することが大切です。





このトライアングルは小さすぎても大きすぎてもダメ。





キッチンの形状をワークトライアングルを考慮してみていきます。





 





I型キッチン:最も多いキッチン形状









キッチンで最も多いのがこのI型キッチン。





シンク・作業台・コンロが一直線上にあるキッチンの事を指します。





対面キッチンも壁付けキッチンも、シンクとコンロが一列で収まっていればI型キッチンです。





※冷蔵庫の位置は仮でコンロ前にしている為、キッチンのLR・冷蔵庫の位置によりワークトライアングルの形は変わる




ざっくりですが、描いてみました(縮尺は適当です)









シンクの位置・冷蔵庫は家のレイアウトによって変わる所ではありますが、仮でオレンジ色の点線で示しているのがワークトライアングルです。













I型キッチンのメリット:動線がよく、レイアウトしやすい









I型キッチンのメリットは動線がよく、背面収納(カップボード)や冷蔵庫のスペースを確保しやすい所。





ワークトライアングルをみてもバランスよく設置されているのが分かりますね。





  





シンクとコンロが一直線になっているので、





野菜を洗う→作業台で切る→加熱機器で調理する





という、動線がスムーズなキッチンです。









また、このようなI型キッチンの場合キッチンの背面にカップボードを置く事ができます。





これ、結構大きなPOINTです。





Ⅱ列型・L型キッチンの場合、冷蔵庫やカップボードをどこに置くのかが悩みの種。





L型・Ⅱ列型キッチンは間口がある程度広くないと冷蔵庫やカップボードを置くスペースが確保できない場合があります。





ですが、調理後にキッチンの後ろにある食器をすぐ取り出して料理の盛り付けが可能。





調理中も調理後の盛り付けもしやすいキッチンです。





I型キッチンのデメリット





I型のデメリット、あまりないです。





あえて言うなら、L型に比べるとコンロとシンクの移動距離が長くなることくらいでしょう。I型は使いやすいキッチンですよ。









L型キッチン:I型の次に多い形状





出典:https://jp.freepik.com/free-photo/rear-view-of-a-father-carrying-his-son-working-in-the-kitchen_3456187.htm#page=5&query=kitchen&position=45




こちらがL型キッチン。





対面キッチン・壁付けキッチンどちらも対応可能な形状です。









L型キッチンのメリット:コンロ・シンク間の動線が短く、使い勝手がいい





L型キッチンは間口にもよりますが、コンロ・シンク間の動線が短いのが特徴です。





ワークトライアングルも小さめで、動線が短いのが分かります。





 





調理中の作業効率が高いのはもちろん、





調理後の汚れたお鍋をシンクで洗う際にも最短距離でコンロ→シンク間移動することができ、使い勝手がいいキッチンと言えます。









また、L型キッチンのコーナー部のカウンターは奥行きがあるので、作業台スペースが広く確保できる他、調味料ラックを置くなど、カウンター上のスペースの確保ができるのも一つの特徴です。





L型キッチンのデメリット:キャビネットのコーナー部分が使いづらい





L型キッチンはコーナー部分の活用がしにくいのがデメリットとしてあります。





コーナー部分は開き収納か引き出し収納のどちらかが選択可能なことが多いですが、





開き収納は奥に収納した物の出し入れの時に、しゃがんでから手をかなり伸ばさないと取り出すことができまん。





引き出し収納の用意がある場合もありますが、引き出し収納はコーナー部分の一部だけを引き出せる収納の為、デッドスペースが発生します。





L型キッチンにしたい!という方に実物のキッチンを見せると







奥様

奥様



思っていたより収納の使い勝手が悪そう…







と、I型キッチンになる場合もありますので、I型とL型で迷っているなら、実際の展示を見て使い勝手を確認してみましょう。





L型キッチンのデメリット:冷蔵庫・カップボード(食器棚)を置くスペースの確保が必要





I型キッチンの場合、キッチンの背面に冷蔵庫・カップボード(食器棚)を一列に置くことができますが、L型の場合、その二つをどこに設置するかが課題になります。









食器棚はどこに置きますか…?





家のレイアウトによっては、キッチンのコンロ横にコーナータイプの収納+カップボードを設置することもありますが、ある程度スペースがないと設置するのは難しい所。





キッチンの吊戸棚に食器を収納するという方もいますが、食器の量が多い家だと収納しきれません。





また、冷蔵庫の位置も課題。ワークトライアングルを考えるとあまり遠くに置くのは推奨できません。





L型にするなら、冷蔵庫・食器棚の位置をどこに設定するか確認をしてみてください。









まとめ





キッチンレイアウトで多いI型・L型キッチンの使い勝手をまとめました。





色々書きましたが、I型・L型キッチンの採用が多いのは、やはり「使い勝手の良さ」から。





デメリットはあるものの、どちらもキッチンの動線がスムーズなキッチンと言えます。





キッチン空間づくりの参考にしていただければ幸いです。













キッチンのリフォームを考えるなら、現場調査をしてみて





キッチンをリフォームをお考えの方へ





せっかくキッチンを新しくするなら自分の希望にあった素敵なキッチンを入れたいですよね。





キッチンリフォームを検討中なら、こちらの記事もお読みください。





キッチンリフォームの流れを分かりやすく解説しています。






https://showroomindex.com/kitchen-reform-pr/



 





[temp id=26]


[temp id=27]


[temp id=31]


[temp id=29]