キッチンの「バックガード」という部材を知っていますか?





キッチン・流しについて検索すると「バックガード付き」の商品がヒットします。







お客さん

 



でもバックガードって何??どの部分の事?それって必要なの?







ちょっとイメージしにくいですよね。この記事ではバックガードについて写真を用いて簡単に説明します。





バックガードとは、壁付けキッチン後方の立ち上がり部分の事









バックガードとはこの部分↓↓









赤い矢印で示している部分がバックガードです。





このバックガードは基本的に壁付けのキッチンに付きます。






対面キッチンでも、この写真のような前壁がある造作対面キッチンの場合はバックガードが付く





ペニンシュラキッチン・アイランドキッチンの場合はバックガードが付かない




バックガードはキッチンや流しの前壁に付いている立ち上がりの事です。





バックガードは水じまいを良くするために付いている





シンクやワークトップを使用する際、水がキッチンと壁の隙間に入り込まないように、水じまいを良くするためについているのがバックガード。





シンク・流しの前は水が飛びますから、その水がキッチンの裏側に入り込まないように付いています。




らんらん

らんらん



最近のキッチンでは付いていないものもあるようですが、個人的にはあった方が安心な部材だと思います。壁に直に付けるのは不安です。







このバックガードがついていないとどうなるの?





バックガードがない場合、キッチンのワークトップが直接壁に付く形になります。









バックガードがない場合、壁との隙間はシーリング加工をすることが多いです。





シーリングがなかったり、シーリングが切れてしまうと、上の図の○で囲んだ部分が水で濡れて壁やキッチンを傷める原因となります。





壁付けキッチンの水じまいを考えるなら必要な部材です。





バックガードの高さはだいたい5㎝くらいが多い





キッチンのカウンターから5㎝程度立ち上がって設置されることが多いバックガード。





付いていることで水まわりも安心して使うことができそうですね。













[temp id=26]


[temp id=27]


[temp id=31]


[temp id=29]