こんにちは。
今度はクローゼット・収納の開き方のお話です。
家を建てる!となったとき、収納スペースをどの程度とるのか、どの部屋に設置するのか、悩みどころですよね。

実は、クローゼット・収納は収納する物や部屋によって、おすすめの開き方があるのをご存知ですか?

扉の開き方別のメリット・デメリットを確認していきましょう。

折れ戸は大きく開いて荷物の出し入れがしやすい




寝室や玄関収納によく使われる折れ戸タイプのクローゼットドアは、開口が広く取れるのが特徴で横幅が半間〜2間(柱寸法910〜3620㎜)まで幅広いサイズバリエーションに対応可能です。
開口が広いため、中の収納を自由に仕切って出し入れが可能で、ポールを設置してハンガーに掛かった服をそのまま収納したり、衣装ケースや引き出しを中に収納したりと自由度が高いのが特徴です。



クローゼットの下枠はメーカーによってレールが付くもの・付かないものがあります。
レールが付かないタイプは掃除機などのキャスター付きの荷物の出し入れが楽でいいですね。
レールが付くタイプでも比較的フラットな下枠が多くなってきています。

折れ戸にはフリータイプとピポットタイプがあります。
【フリータイプ】
折れ戸の両側が固定されていないので、端まで衣装ケースや引き出しが入れられる。扉を左右どちらかにまとめておけるので布団などの大きな荷物の出し入れがしやすい。

【ピポットタイプ】
両側が固定されていて、フリータイプより自由度は低いが、扉の開閉が安定している。ガタつかない。両端は折れ戸の収納スペースとなるため、衣装ケースや引き出しは入れられない。

【クローゼット折れ戸のデメリットは?】


扉が前に折れながら開くため、クローゼット間にスペースが必要。
ベッドや荷物をクローゼット前に置けない。

実家の私の部屋が5帖くらいの部屋でしたが、ベッドを置くと折れ戸を開くスペースがギリギリで荷物の出し入れが大変でした。

小さめのお部屋に設置する際には、家具をどこに置くのかイメージして設置するのがいいですね。

引戸なら省スペースで収納の前にベッドや荷物があっても大丈夫




引き違い戸は和室に設置するイメージが強いクローゼット扉ですが、
最近ではキッチンのパントリーに幅広の引き戸を設置して中を自由に区切ったり、寝室にも設置するこがあります。
サイズは扉枚数を増やせばいくらでも大きくできます。
折れ戸と違い、出幅がないのでクローゼットの前に荷物や家具を置くことができるのが特徴です。

【クローゼット引き戸のデメリットは?】


・引き違い戸は片側ずつしか開かない。全開口で収納の中を見渡すことができない。
・衣装ケースや引き出しをいれるときにはサイズや割り付けを考えなくてはいけない。
・引き分け戸の場合、扉の引き込みスペースが必要となることがある

3枚連動引戸は開閉しやすく大きく開いて使いやすい!


引戸は引戸なのですが、ちょっと違うのがこの3枚連動タイプ。



出典:Roomclip mikiさん:キッチン背面収納に3枚引戸を使用した例

和室・寝室での設置が多い引戸です。

片側を開ければ扉が連動して動くので、扉を一枚ずつ開ける必要がなく、扉も軽く開閉ができる収納扉となっています。

また、片側に扉を寄せれば引き違い戸に比べて開口も広くとれるのが特徴です。

引戸と同じく,前にベッドや家具を置けるため、スペースの有効活用ができるのもメリットですね。


【3枚連動引戸のデメリットは?】


・片側からしか開閉できない
・下枠のレールが3本…レールのお掃除が大変かも

開き戸(観音開き)はキッチンのパントリーや階段下などのちょっとしたスペースにも設置できる


開き収納は観音扉と呼ばれる両開きの扉の事。
幅は割とコンパクトなサイズ展開となっているため半間(柱寸法910㎜)前後。

キッチンのパントリーや階段下収納に使われることが多い収納扉です。

【開き戸のデメリットは?】


・対応できる幅が限られている。幅広タイプの用意がない。
・手前に開くので家具や荷物が前に置けない

まとめ


クローゼットも扉の開閉方法だけでこんなに多くの種類があります。
使い方や開閉方法に合わせて選んでみてください。

参考になれば幸いです。

[temp id=26]

[temp id=27]