前回、キッチンレイアウトの基本、 ワークトライアングルについてまとめました。





今回はキッチンの通路幅についてです。 意外と見落としがちなポイントなのですが、キッチンの使い勝手を考える上でとても重要なポイントですよ。



キッチン後ろの通路スペース

キッチンを配置するにあたり、キッチン後ろの通路スペースの確保は重要なポイントです。

家が建ってみたら「思ったよりキッチンが狭かった!ショック!」という話もよく聞きます。

メーカーのショールームでは比較的広めにキッチンのスペースを取っている場合が多いので、実際に家に設置されると「思っていたのと違う」ということがあるんです。

では、必要な通路スペースについて見ていきます。

キッチン通路幅など
キッチンの通路幅は90㎝以上が理想です。

できれば冷蔵庫の前のスペースも90㎝前後欲しいところ!!

もし家族が多い・親戚が集まって料理をすることがある等、

複数人でキッチンを使う場合は、120㎝程度あれば人がすれ違うことができると言われています。

でも、ここがレイアウトの難しいところで、通路幅は広ければいいっていうものでもないんです。

確かに大人数での作業の場合は広い方が楽ですが、普段の使い勝手を考えなければなりません。

例えば、調理中に冷蔵庫に調味料を取りに行くときや食器を洗って食器棚に戻すとき、

1e0304932b82e25557de99498d8492c1_s

通路幅が広すぎると動線が長くなって使い勝手が悪くなります。

また、通路幅90㎝以上と書きましたが、これはあくまで理想…

いままで通路幅75〜80㎝くらいのお家も数々見てきました。

通路幅80㎝前後の場合、キッチンの引き出しを開けるときは、自分が引き出しの横に立って引き出すなどの工夫が必要になることも。 キッチンの通路スペースが確保できない場合は、 それを理解したうえで収納の仕方などを工夫していく必要があります。



リビング・ダイニング側への通路スペース

リビング・ダイニング側への通路スペースは80㎝以上がおすすめです。

キッチン通路幅など

一般的な廊下がだいたい80㎝前後なので廊下と同じくらいのスペースを取るイメージです。 お盆を持った状態で通れるスペースがだいたい80㎝くらいと言われています。

この部分の通路スペースは広く取れればその分だけ開放的になるので広くなってもデメリットはないと思います。

まとめ

キッチンレイアウトの基本:ワークトライアングル・キッチンの通路スペースについて簡単にご紹介しました。

キッチンはどう使うかによって、おすすめのレイアウトが変わってきます。

ここでご紹介したレイアウトや通路幅もあくまで目安です。

家の平面図を見て、自分のキッチンスペースのイメージを確認してみましょう。

おウチづくりの参考になれば幸いです。

【過去記事】





にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村